• ホーム
  • 事業紹介
  • LINE@開設・運用代行:企業のLINE@(ラインアット)開設・運用とは

企業のLINE@(ラインアット)開設・運用とは

企業のLINE@(ラインアット)活用が徐々に広がり始めた現在、ユーザー目線の情報はたくさん溢れていますが、企業の活用目線で書かれた情報は非常に少ない状況です。
シェアコトでは、LINE@アカウントの開設支援、運用支援、APIを使ったキャンペーンなど、『企画、デザイン、開発、運用』までワンストップで支援しております。LINE@の開設・運用、リッチメニューを使った表現方法、APIでできること、キャンペーン情報などをまとめております。貴社のLINE@運用のお役に立てれば幸いです。

LINE@とは

LINEは、ユーザー数は約6,800万人、メッセージのやり取りなどユーザー同士のコミュニケーションツールとして利用されている、国内No1のSNSです。


国内のMAUは6,600万人以上。
日本の人口の52%以上をカバーしています。

出典元: ※1 自社調べ LINEアプリ 月間アクティブユーザー 2017年1月末時点
出典元:※2 DAU = Daily Active User( 1日に1回以上利用したユーザー)の略
マクロミル社・インターネット調査(2017年1月実施/全国15~69歳のLINEユーザーを対象 サンプル数2,060)
※3 LINEの国内月間アクティブユーザー 6,600万人÷日本の総人口1億2513万人(平成29年1月1日現在(確定値) 総務省統計局)

LINE@が通常のLINEと大きく違うところは、企業向けの「商用アカウント」というところです。企業がLINEを使用してユーザーへのコミュニケーション施策を行う場合は、LINE@のアカウントで行います。

LINE@でできること

企業⇔ユーザーのコミュニケーション

LINE@では、LINEのようなコミュニケーションを企業⇔ユーザー(友だち)の間で行うことができます。

企業アカウントをフォローしてくれた友だちに対してメッセージを一斉配信し、企業のサービスや商品を広く伝えることや、その逆に、友だちと個別にメッセージをやりとりをして親密なコミュニケーションをはかるなど、その用途はさまざまです。

LINEで送るメッセージは50%の開封率と言われており、高い確率でユーザーに情報を伝えることができます。また、チラシやDMと違って紙のコストも不要です。

通常のグループLINEでは一斉送信できる人数が決められていますが、LINE@では例えば企業⇔数万人の友だちにメッセージを送ることもできます。

クーポン発行

LINE@ではクーポンが発行できます。ユーザーである友だちは、スマートフォンを持ち歩くのでクーポンを容易に使用することができます。

クーポンの使用件数は測定できるので、効果的なクーポン施策だったかということも数値を元に振り返ることが簡単にできます。

LINEユーザーの特徴

LINEユーザーの男女比はほぼ半々で、やや女性が多くなっています。
年齢構成比は大きな偏りがなく、幅広い年代に利用されています。
ユーザーの居住地は関東がやや高いですが、全国に分布しています。これは全国の人口分布比率におおむね近しい数値となっています。

LINEユーザー属性(性別・年齢・職業)

LINEユーザー属性(居住地)

出典元:マクロミル社・インターネット調査(2017年1月実施/全国15~69歳のLINEユーザーを対象 サンプル数2,060)

企業のLINE@開設方法 3つのステップ:活用を知る、コンセプトを決める、運用時の操作方法

活用を知る

企業がLINE@を活用するケースが増加しています。他社事例をまずチェックし、貴社のアカウント運営に役立てていければ幸いです。

コンセプトを決める

自社商品の購入・サービス利用を促す告知ツールとして、自社webサイトへの誘導ツールとして、ユーザー(友だち)とのコミュニケーションツールとしてなど、LINE@はさまざまな使い方をすることができます。
だからこそ初めにアカウント運用のコンセプトを決めることが大切です。

まずは友だちを増やす施策を優先して行いフォロワーを増やし、その後にサービス告知やクーポンの発行などの施策を行う、といったアカウント運用のコンセプトと流れを決めておくことが重要です。

運用時の操作方法

LINE@は専用の管理画面から設定を行います。

操作方法について

メールアドレス アカウント登録用のメールアドレスです。
・弊社アドレスの提供も可能です。
・その他のSNSと同一のものを予定しています。
パスワード ログインする場合に利用します。
ページのタイプ 登録するページのタイプを選択します。
「ブランドまたは製品」、「会社または団体」、「地域ビジネスまたは場所」から選択できます。
カテゴリ 「ブランドまたは製品」の中から選択します。
アカウント名 ページの名称です。
日本語表現、英語表現の両方が可能です。
プロフィール画像 推奨サイズは640px × 640px。企業としてわかりやすいアイコンをおすすめします。
カバー画像 推奨サイズは800px × 650px。企業としてわかりやすい画像をおすすめします。

▼▼LINE@運用・キャンペーンの事例はコチラ▼▼

company_logo_s.png
お役立ち資料ダウンロードはこちら