「#ぬい撮り」「#沼サン」etc・・・企業と関わりをもつ人気ハッシュタグ5選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1111

2017年4月、月間アクティブ利用者数が全世界で7億人を突破したInstagram(インスタグラム)。今回は、インスタグラムで使われる人気ハッシュタグの中でも、企業のサイトやキャンペーンと共に盛り上がりを見せているものなど、企業との関わりを持ったものを紹介します。

目次

 

「#ぬい撮り」―トレンドを商品化―

「#沼サン」―個人の投稿が書籍化―

「#へんなねこ」―企業キャンペーンから浸透―

「#しまパト」―ユーザーの投稿を公式サイトで紹介―

「#ユニジョ」―ユーザーの投稿を公式アカウントで紹介―

まとめ

 

①「#ぬい撮り」―トレンドを商品化―

nuidori2

タカラトミーアーツwebsiteより)

#ぬい撮り」とはぬいぐるみを外出先や自宅で撮影した投稿につけられるハッシュタグのことで、現在17万件以上の投稿が集まっています。よく同時に付けられるハッシュタグに「#ぬいぐるみと撮り隊」があり、こちらは4万件近い投稿があります。
このトレンドをいち早くキャッチし、商品化したのは玩具メーカーの「タカラトミーアーツ」。2017年4月に”SNS時代”のぬいぐるみとして「ちょっこりさん」を発売しました。このぬいぐるみは、通常のものよりも座らせやすく、両手は繋ぎ合わせてあるためペンなどを持たせることもできます。両腕は縁にひっかけることができ、従来のぬいぐるみに比べて多彩なポーズをとらせることができるのです。「ちょっこりさん」の公式インスタグラムアカウント(@chokkorisan)では「#ぬい撮り」のハッシュタグがついた投稿がされ、開設から約1か月でフォロワー2,900人を突破しています。

目次へ

②「#沼サン」―個人の投稿が書籍化―

IMG_20170502_133315

#沼サン」とは、一人のユーザーから始まったハッシュタグです。「大沼さん」の夫が作るサンドイッチ、略して「沼サン」はその写真映えの良さや、簡単なのに野菜がたっぷり摂れることから、大沼さん以外も「沼サン」を作ってインスタグラムに投稿するようになりました。
2015年には大沼家の定番レシピと食のプロによるアレンジレシピが収録された『沼サン 野菜たっぷり!幸せサンドイッチレシピ』が宝島社より出版されました。「#沼サン」は、現在約4万件もの投稿の集まる人気のハッシュタグになっています。

目次へ

③「#へんなねこ」―企業キャンペーンから浸透―

スクリーンショット 2017-05-18 1.01.28

ぺんてるキャンペーンサイトより)

#へんなねこ」は、文具メーカー「ぺんてる」のインスタグラムキャンペーンによって、爆発的に件数の増えたハッシュタグです。ネコ柄をモチーフにしたゲルインキボールペンの発売記念におこなわれた「あなたの愛猫がペンになる!世界にひとつのねこ柄ペンプレゼントキャンペーン」では、愛猫のへんなポーズや仕草の写真をハッシュタグ「#へんなねこ」付きで募集。期間中の約2ヶ月で、投稿は8,776件も寄せられました。
キャンペーンが終わった現在でも、1,2000件以上投稿される安定した人気のあるハッシュタグです。

目次へ

④「#しまパト」―ユーザーの投稿を公式サイトで紹介―

simapato

ファッションセンターしまむらwebsiteより)

#しまパト」とは、衣料品チェーンの「ファッションセンターしまむら」での購入品を投稿するときに使用されるハッシュタグで、現在の投稿数は21万件以上です。類似のものに「#しまむらパトロール」があり、こちらは5万件以上投稿されています。
しまむらの公式インスタグラムアカウント(@grshimamura)の投稿にも、このハッシュタグが使われています。さらに、しまむらのウェブサイトでは、ハッシュタグ「#しまパト」の付いた一般ユーザーの投稿を「隊員のパトロール状況」として上の画像のように掲載しています。

目次へ

⑤「#ユニジョ」―ユーザーの投稿を公式アカウントで紹介―

uniqlo

インスタグラムより)

#ユニジョ」は、ユニクロのアイテムを使ったコーディネートを投稿するときに付けられるハッシュタグです。これは、もともと一般ユーザーから発信されたハッシュタグですが、UNIQLO GINZA店の公式インスタグラムアカウント(@uniqlo_ginza)がこのハッシュタグに気づき、積極的に使われるようになりました。、UNIQLO GINZA店の公式インスタグラムアカウントでは、一般ユーザーの「ユニジョ」コーディネートがリポストで紹介されています。

まとめ

以上のような例がすでに存在することから、企業のインスタグラム運用担当者は、自社の投稿にどのような既存のハッシュタグを付けられるのか、日頃からアンテナを張るのはもちろんのこと、ユーザーが使ってくれそうなオリジナルのハッシュタグを考えることも必要となってきます。また、SNSの外に出て人気のハッシュタグから商品化に繋がりそうなものを選定する視点も必要となります。そのためには、日々インスタグラムをチェックすることが重要となってくるでしょう。

 

img_main

インスタグラムキャンペーン実績数日本No1(航空会社、大型施設、ホテル、小売、メーカー)

フォロワー獲得~管理画面まで一式準備 Tagplusはこちら

33

インスタグラム×オウンドメディア活用の実績多数(コンビニ、ブランド、小売等)

自由なデザインに、簡単組込み可能 Tagplus for webisteはこちら

banner_forwebsite

インスタグラムのオウンドメディア活用はTagplus for website

※他にもこんな記事がお勧めです※

オススメ記事1:インスタグラムの運用でより魅力的に伝えるフィルター活用7選
オススメ記事2:【新機能】インスタグラムの複数枚投稿ってなに?企業事例から投稿方法まで
オススメ記事3:【運用者必見】インスタグラム運用でリアルタイムに伝える、インスタグラム ストーリー基本設定・機能
オススメ記事4:【最新】 Instagramアップデートまとめ(2017年1月版)
オススメ記事5:インスタグラム ストリーズ基本設定・機能

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業用Instagramを活用する10ステップ入門編

企業用Instagramを活用する10ステップ応用編

お役立ち資料ダウンロード

各種サービス・提携についてのご質問やご相談は、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

03-6264-8962

資料請求 / お問い合わせ