2014年3月度 「東北関東大震災」義援金寄付実施のご報告

2014.03.11 | ニュース


2011年3月11日に発生した東日本大震災に被災された皆様に、心より哀悼の意を申し上げます。

東北関東大震災及び津波により被害を受けられました皆様と
そのご家族に対して、心からお見舞いを申し上げます。


震災より3年が経ちますが、被災地の一日も早い復旧・復興の為に、
企業市民として出来る限りの努力をさせて頂きたいと考えております。
長きに渡る被災地の復興に向けて、微力ながら継続的なご支援を続けてまいりたいと考えており、
本日(2014年3月11日)、当社より下記2団体へ義援金寄付を行いましたことをご報告申し上げます。

金額 : 200,000円(2団体合計)
委託 : 日本赤十字社(100,000円)、公益財団法人東日本大震災復興支援財団(100,000円)
名義 : 株式会社シェアコト


本年(2014年3月)は、継続的な会社活動・成長の為の必要投資資金と現状のバランスを加味し、
義援金寄付金額を200,000円と決定致しました。
また翌年(2015年3月)時は、本年の2〜3倍の義援金寄付ができますよう、
社員一同精力的に会社活動に励んでいきたいと考えております。

また同時に、被災地の一日も早い復旧・復興の為に、1企業市民としてできる事を、
引き続き模索・努力をさせて頂きたいと考えております。


選定の背景としまして、日本赤十字社(数ある報道の中でも被災地・被災者の
方々の支援にて人員の数及び活躍にて積極的な成果を出されている点)と、
公益財団法人東日本大震災復興支援財団(被災地で継続的な復興支援を実施され、
義援金が被災地の子どもたちを支援するための活動に100%利用される点)がございます。


■寄付団体名

日本赤十字 http://www.jrc.or.jp/

■日本赤十字とは

赤十字は「人道・公平・中立・独立・奉仕・単一・世界性」という7つの普遍的な原則
(赤十字の基本原則)のもとに、世界最大のネットワークを持って活動する人道機関です。
「赤十字国際委員会」「国際赤十字・赤新月社連盟」「各国の赤十字社・赤新月社」の3つの機関で
構成されており、日本赤十字社は世界の186カ国に広がる赤十字・赤新月社のひとつです。
※参考 http://www.jrc.or.jp/aboutより抜粋


■寄付団体名

公益財団法人東日本大震災復興支援財団  http://minnade-ganbaro.jp/purport/

■公益財団法人東日本大震災復興支援財団とは

「復興支援を通じて、次の世代が幸せに暮らす社会の創生に貢献する」を理念に掲げ、
「被災地の多くの子どもたちの声に耳を傾け、その健やかな成長を見守ることこそ、
被災地、ひいては社会全体の未来を創ること」というビジョンを持って活動されています。

以上
お役立ち資料ダウンロードはこちら