【飲食店必見】「席を予約する」Instagramアクションボタン、設定方法手順・徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

10月2日にInstagramとぐるなびが、「アクションボタン」を日本国内で導入し、レストラン予約機能の提供を開始することを発表しました。店舗展開している企業にとってより簡単に利用者のアクションを促すことができるようになり、Instagramの投稿内容の工夫も必要となっていきます。

目次

1.Instagramユーザーのメリット

1.Instagramユーザーのメリット

2.Instagramでの飲食店の発見方法

2-1.検索からレストランやカフェを発見
2-2.ハッシュタグ検索からレストランやカフェを発見

3.Instagramのアクションボタンとは?

Instagramのアクションボタンとは?

4.「席を予約する」アクションボタン設定方法

4-1.「席を予約する」アクションボタンを設定条件
4-2.Instagramビジネスアカウントに切り替え
4-3.アクションボタン設定方法

5.アクションボタンを提供している企業

5.アクションボタンを提供している企業

6.まとめ

6.まとめ

1.Instagramユーザーのメリット

インスタグラムの利用者はレストランやカフェを発見するところから、予約というアクションに至るまでを、アプリを閉じることなくInstagram上で完結することができます。


目次へ

2.Instagramでの飲食店の発見方法

2-1.検索からレストランやカフェを発見

① 虫メガネアイコンをクリック
② 食べ物のおすすめをクリック

食べ物のアイコンをクリックするとInstagramから「おすすめ」の投稿が表示され、新しいレストレンやカフェに出会うことができます。
「おすすめ」の投稿は、各ユーザーの興味(いいね、コメント)に合わせて変わります。また関連するハッシュタグも表示がされており、様々な投稿に出会えるような機能も付いています。

目次へ

2-2.ハッシュタグ検索からレストランやカフェを発見

ハッシュタグ検索をすると検索した関連キーワードが一覧で表示がされ新たしい投稿に出会うことができます。


目次へ

3.Instagramのアクションボタンとは?

Instagramのアクションボタンは、ビジネスプロフィール移行しているアカウントが利用可能な機能となっています。アクションボタンに対応しているサービスURLを設定し、誘導ボタンをプロフィールトップに表示させることができます。

【席を予約をする】をタップすると、アプリ内ブラウザによって設定したWEBページが表示がされます。ユーザーは表示されたWEBページでレストラン・カフェなどの予約をすることができます。

目次へ

4.「席を予約する」アクションボタン設定方法

4-1.「席を予約する」アクションボタンを設定条件

①  ぐるなびネット予約をしている飲食店が対象
②  対象の飲食店が、Instagramアカウントを持っている必要がある
③  対象の飲食店が、Instagramビジネスプロフィールに移行済み
④  10月23日以降にアクションボタンで「ぐるなび」内の対象ページを設定

目次へ

4-2.Instagramビジネスアカウントに切り替え

下記、ブログで紹介しているのでご参考に切り替えをして頂ければと思います。

【保存版】Instagram「ShopNow(ショッピング機能)」を導入する設定方法を徹底解説
3.Instagramビジネスアカウントの設定

目次へ

4-3.アクションボタン設定方法

今回は、海外サービス「OpenTable」をベースに設定方法をご紹介いたします。10月23日以降にぐるなびの「席を予約する」がアクションボタンの画面から設定することができるようになり次第、順次更新をさせて頂きます。

STEP①
プロフィールトップの【プロフィール】をします。

STEP②
【連絡先オプション】をクリックします。

STEP④
【アクションボタンを追加】をクリックします。STEP⑤
今回は【OpenTable】をクリックし選択をします。

STEP⑥
選択したサービスのURLを入力して、設定完了となります。

【OpenTable】の場合
https://www.opentable.com/××××××

設定が完了すると【席を予約する】が表示されます。クリックをして設定したページが間違えないか確認して設定完了となります。

目次へ

5.アクションボタンを提供している企業

現在サービスを提供している企業は以下のとおりとなります。

Actutiy sheduling  :【予約する】
顧客の予約を管理管理するためのソフトウェア

Atom Tickets  :【チケットを購入】Atomtickets.com
米オンラインチケットサービス

Booksy:【予約する】Booksy.com
ヘアサロン、ネイルサロンなどを予約できるサービス

ChowNow :【注文する】Chownow.com
レストラン向けオンライン注文システムとマーケティング・プラットフォームサービス

Eatstreet :【注文する】Eatstreet.com
お店の料理を簡単に注文し、配達してもらえるデリバリーサービス

Eventbrite  :【チケットを購入】Eventbrite.com
ソーシャル・ネットワーク・サービスと連携させイベントの宣伝を行うオンラインチケットサービス

Fandango  :【チケットを購入】Fandango.com
2Dのバーコードを使って電子チケットを扱うサービス

Fresha:【予約する】Fresha.com
消費者がお気に入りのサロンやスパを予約することができる

Genbook:【予約する】https://www.genbook.com/Genbook.com
中小サービスが簡単にオンライン予約を導入できるサービス

GetSquire:【予約する】Getsquire.com
理髪店のためのサービス

GlossGenius:【予約する】Glossgenius.com
個人事業主のビューティシャン向けの顧客の予約管理など顧客対応を簡単にするオンラインサービス

Gopanache:【予約する】

GrubHub :【注文する】
米国のオンラインフードデリバリーサービス

LaFourchette:【席を予約する】
フランスのレストラン予約サービス

MyTime:【予約する】
車のオイル交換、ヨガクラス、ペットサロン、美容室、マッサージ、歯科検診などあらゆるサービスの検索・予約ができる

OpenTable:【席を予約する】
レストラン予約が行えるオンラインレストラン予約サービス

Quandoo:【席を予約する】
欧州でオンライン飲⾷店予約サービス

Reserve:【席を予約する】
レストランの予約管理サービス

Restorando:【席を予約する】
ラテンアメリカ専用レストラン予約サイト

Resy:【席を予約する】
レストラン予約サービス。現在はエアビーアンドビーのレストラン予約機能となっています。

Schedulicity:【予約する】

Setmore:【予約する】
無料で簡単に使えるスケジューリングツール

SevenRooms:【席を予約する】
ナイトクラブおよびレストラン向けの予約管理システム

StyleSeat:【予約する】
美しくなりたい女性と、スタイリストのマッチングサービス

Tock:【席を予約する】

Vagaro:【予約する】
サロンのスケジューリングサービス

Yelp :【席を予約する】
世界最大のローカルビジネスの口コミサービス

目次へ

6.まとめ

Instagramのプロフィールの上に、国内では「席を予約する」アクションボタンを追加できるようになり、レストラン・カフェなどの飲食店の発見から購買行動まで、すべてのアクションをInstagram上で完結できるようになりました。Instagram内から外部サイトに遷移することなく、売上などのビジネス結果に結びつけることが可能となるため、今後更にInstagramは重要なSNSとなっていきます。

目次へ

 

img_main

Instagram(インスタグラム)運用代行サービスはこちら!

※他にもこんな記事がお勧めです※

オススメ記事1:【旅行関連】Instagram(インスタグラム)キャンペーンの事例6選!
オススメ記事2:【保存版】インスタグラム広告(Instagram広告)の出稿方法、基本設定マニュアルについて
オススメ記事3:【保存版】インスタグラム運用者必見!無料インサイトツール5個を徹底解説!
オススメ記事4:【運用者必見】インスタグラム運用でリアルタイムに伝える、インスタグラム ストーリー基本設定・機能
オススメ記事5:インスタグラムの運用でより魅力的に伝えるフィルター活用7

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業用Instagramを活用する10ステップ入門編

企業用Instagramを活用する10ステップ応用編

お役立ち資料ダウンロード

各種サービス・提携についてのご質問やご相談は、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

03-6264-8962

資料請求 / お問い合わせ