【2022年最新版】Instagram広告を徹底解説!リーチを伸ばすための広告の出し方・アルゴリズムを意識した投稿方法とは?

運用ノウハウ・インサイト
高崎
2019年に株式会社シェアコトに入社し、ソーシャルメディアマーケティング部に所属。商業施設・食品メーカー・テーマパークなど幅広いSNSのアカウント運用に従事。 好きなこと:買い物、ランチ
ストーリーズやリールなどの投稿種類の広がりに伴い、広告面も増えたInstagram(インスタグラム)。
オーガニック(=広告不使用)でアカウントのフォロワーや投稿のリーチ数を伸ばすことも大切ですが、広告を有効に活用することでアカウントを効率的に伸ばすことができたり、投稿を届けたいターゲットによりリーチさせたりすることができます。

そこで今回は、Instagram広告やリーチを伸ばす広告活用事例についてご紹介していきます。

 

Instagram広告とは文字通り、Instagramに掲載することができる広告です。
フィードやストーリーズ投稿を見ていると、アカウント名の下に「広告」と表示された投稿を見かけたことがある方も多いのではないでしょうか。自分が欲しいと思ったものや、一度探していたもの、興味のあるものなどが表示され、思わず見てしまったということもあるかもしれません。
それは、あなたのアカウントが広告のターゲット対象とみなされたことで表示された広告です。
このようにInstagram広告は予算はもちろん、出稿したい投稿ごとにターゲットを設定することができます。

Instagram広告を行うメリットとしては、①ターゲットを詳細に設定できる ②少額から出稿が可能、の2点が大きくあげられます。

①ターゲットを詳細に設定できる

下記などの項目から広告を表示させたいユーザーを選択することができます。
年齢や性別のほかにも地域や興味関心で絞ることができるので、イベント開催や店舗の周知などの宣伝にも効果的です。

  • ユーザーの興味関心(「料理」「ショッピング」など数百件以上)
  • 年齢
  • 性別
  • 地域

②少額から出稿が可能

「広告」という言葉のイメージから数万円~数十万円の費用が最低でも必要なのでは?と思われる方も多いかもしれません。
しかし、Instagram広告は数百円から広告出稿が可能です。

低予算から広告配信が可能であり、途中から予算の変更や広告の中止なども可能なため、少額からターゲットを絞り、柔軟な広告運用が可能です。

Meta社(旧Facebook社)のページや、下記記事をご参考ください。

◆Meta社:Instagram広告ページ
https://business.instagram.com/advertising

【保存版】インスタグラム広告(Instagram広告)の出稿方法、基本設定マニュアルについて

Instagramは新しい投稿面をローンチ後、その投稿面にもあとから広告出稿できるようにする、というアップデートのパターンが多く、現在ではフィード・ストーリーズのほかにもリールなどのさまざまな投稿面で広告を出すことが可能です。

◆Instagramの投稿形式について詳しくはこちら

【徹底解説・2022年最新版】Instagram投稿(通常・ストーリーズ・リール・IGTV・インスタライブ)の特長と使い分けについて

・フィード

ユーザーが閲覧するフィードタイムライン上で表示される広告。

・ストーリーズ

ユーザーが閲覧するストーリーズ上で表示される広告。

・リール

ユーザーが閲覧するリールタブ上で表示される広告。

広告を新規に出稿する、もしくは既存の投稿に広告を出すことで、アカウントや投稿のリーチはもちろん伸ばすことができます。
ですが、オーガニック(=広告不使用)でもInstagramのアルゴリズムに向き合った運用を行うことで、リーチを始めとした数字が伸びる場合があります。

Instagramは「⼤切な⼈や⼤好きなこととあなたを近づける」というミッションに基づき、フォロワーにとって興味がある投稿のみ表⽰するアルゴリズムが組まれています。

そのため、すべての利⽤者のフィードやストーリーズの表示順は異なり、興味・関係・最新性の要素を含む500種類以上のシグナル(Instagram上の指標)を加味して順番を決めるため、このようなシグナルと呼ばれる指標をより多く⽣む運⽤を⼼がけるとエンゲージメントが向上するという仕組みとなっています。

 

→Instagramはこのようなアルゴリズムが組まれているため、広告を出稿しなくても、投稿・運用を改善することで数字が伸びる可能性があります。

 

◆Instagramがどういうメディアか、Instagramがどのような投稿を推奨しているのかについて
詳しくはこちら

【まとめ】Facebook Japan主催「Instagram アカデミー TOKYO」から見る企業のインスタグラム活用法

◆アルゴリズムの仕組みについてはこちら

【保存版】Instagram(インスタグラム)のアルゴリズム公式解説

◆アルゴリズムで抑えるべきポイント・具体的な投稿の仕方についてはこちら

【インスタ運用者必見・2022年保存版】アルゴリズムから読み解くInstagram運用におけるKPIの考え方

アルゴリズムの仕組みやアルゴリズムを抑えた投稿のポイントなどについてご紹介してきました。
既存の投稿に広告を出稿することで、アルゴリズムの重要指標となるエンゲージメント(いいね・コメント・保存数)が伸び、Instagram側に評価され、オーガニックにおいても他の投稿に比べて非フォロワーからの流入が伸びるケースがあります。
次の項目にて、実例をご紹介します。

飲料関係のアカウントにて、ポストアド(既存の投稿に広告を出稿する形)を行った事例です。
ポストアドを行ったことで、保存数が増加(広告による影響含む)し、発見タブから非フォロワーの流入が増加しました。

〈ポストアドによる循環〉

  1. 既存の投稿の一部においてポストアドを実施
  2. ポストアドによってインプレッション・リーチ・エンゲージメント数(いいね数・保存数など)が増加
  3. エンゲージメント数(特に保存数)が増加することによりシグナル(※アルゴリズムの指標となるポイント)が増加
  4. アルゴリズム面でInstagram側に良い投稿とみなされ、発見タブから非フォロワーの流入が増加

このように、広告による直接的な獲得リーチやインプレッションの増加のほかに、エンゲージメント数(いいね数・保存数など)などのアクションが貯まることで、アルゴリズムによる効果で非フォロワーからの流入が副次的に増加することもあります。

今回は、Instagram広告についてやリーチを伸ばす広告出稿事例などについてご紹介しました。
Instagram広告の目的は「リーチ」だけでなく、「エンゲージメント(いいね・コメント・保存)」「リンククリック」などにも設定することができます。
より投稿を多くの人に閲覧されたい場合はリーチ、投稿にいいねやコメントを募りたい場合はエンゲージメント、とその投稿にどういったアクションが欲しいかによって広告の目的設定は変わっていきます。
Instagram広告の強みは、低予算から設定したターゲットに対して目的に沿った広告を出稿できる点です。

弊社ではキャンペーン企画~発送を含む事務局、アカウント立ち上げ~運用・広告出稿まで一環したアカウントの運用代行・サポートも行っています。

投稿のリーチを伸ばしたい!キャンペーンでフォロワーを増やしたいが広告の出し方がわからない!という場合はぜひご相談ください。

  • 関連記事1:【インスタ運用者必見・2022年保存版】アルゴリズムから読み解くInstagram運用におけるKPIの考え方                                                                  https://www.sharecoto.co.jp/instagramlab/kpi-ig
  • 関連記事2:【徹底解説・2022年最新版】Instagram投稿(通常・ストーリーズ・リール・IGTV・インスタライブ)の特長と使い分けについて  https://www.sharecoto.co.jp/instagramlab/instagram-posts

『シェアコト』のInstagram運用サービス!

Instagramのキャンペーン『Tagplus』

インスタグラムキャンペーン実績数日本No1(航空会社、大型施設、ホテル、小売、メーカー)!
フォロワー獲得~管理画面まで一式準備 Tagplusはこちら

Instagramのキャンペーン『Tagplus』

インスタグラム×オウンドメディア活用のキャンペーン『Tagplus for webiste』

インスタグラム×オウンドメディア活用の実績多数(コンビニ、ブランド、小売等)!
自由なデザインで簡単に組込みができる Tagplus for webisteはこちら

Instagramのキャンペーン『Tagplus』