【運用者必見】Instagram 認証バッジの取得リクエストの申請方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Instagram(インスタグラム)は2018年8月28日、Instagramアプリから認証バッジの申請やユーザーやアカウントの安全を守るため二段階認証などのセキュリティ強化策すると発表しました。インスタグラムの公式アカウントであることを証明する認証バッジの取得を、Instagramアプリ内のフォームから申請出来るようになりました。

目次

1.インスタグラム 認証バッジについて

1-1.Instagram 認証バッジについて

2.インスタグラム 認証バッジ 取得リクエスト

2-1.設定ボタンからオプションを開く
2-2.認証をリクエストをクリック
2-3.Instagram認証をリクエストページの設定
2-4.Instagram 認証バッジの申請に必要な書類
2-5.Instagram 認証バッジのリクエスト完了

3.インスタグラム アカウントに関する情報を閲覧

3-1.Instagram アカウント情報で確認できる内容
3-2.Instagram 自社のアカウント情報を確認するには
3-3.Instagram アカウントデータについて

4.まとめ

4-1.まとめ

1.インスタグラム 認証バッジについて

2014年12月、インスタグラムに認証バッジが導入されました。認証バッジとは、検索画面やプロフィールのInstagramアカウント名の隣にある青いチェックマーク です。認証バッジは、著名人、有名人、グローバルブランドの公式アカウントであることを証明となります。インスタグラムから正式に承認されていることで、アカウントの信頼感が高まります。

@starbucks_j

 @urawaredsofficial

@taylorswift

目次へ

2.インスタグラム 認証バッジ 取得リクエスト

2-1.設定ボタンからオプションを開く

Instagramアプリを立ち上げ、右下の自分のアイコンをタップします。右上の3本線をクリックします。

Instagramアカウントのホーム画面が上記ではなく下記のような場合、右上の3点リーダー(・・・)をクリックします。

3本線をクリックするとメニュー一覧が表示されます。一番したにある[設定]をクリックします。

目次へ

2-2.認証をリクエストをクリック

オプションのアカウントにある[認証をリクエスト]をクリック

目次へ

2-3.Instagram認証をリクエストページの設定

Instagram承認をリクエストできるアカウントは、一流・有名人、ブランドが対象となっております。一般アカウントは「認証の対象ではありません」となっています。ユーザーネームは自動入力がされています。氏名を入力をします。

本人確認できる写真を添付して、[送信]をクリックします。

目次へ

2-4.Instagram 認証バッジの申請に必要な書類

インスタグラムの認証バッジのリクエストに必要な書類は
<企業アカウントの場合>
正式な事業者書類
・納税申告書
・最近の公共料金請求書
・会社定款など

<著名・有名人の場合>
生年月日が記載された公的機関発行の写真付き本人確認書類
・運転免許証
・パスポート
・国民識別カードなど
目次へ

2-5.Instagram 認証バッジのリクエスト完了

[Instagram 認証リクエストが送信されました]のページが表示されます。認証バッジのリクエストの審査が完了すると通知タブでリクエストを確認または却下する通知が届きます。

目次へ

3.Instagram アカウントに関する情報を閲覧

3-1.Instagram アカウント情報で確認できる内容

2018年9月にフォロワーが多いアカウントでは、アカウントに関する情報を見ることが出来るようになります。その後、一般ユーザーの「このアカウントについて」も利用可能になります。確認するには、プロフィールにアクセスし、メニューをタップしてから「このアカウントについて」を選択します。

①アカウントが登録されている国のInstagramに参加した利用開始日
②共有フォロワーのアカウント
③昨年のユーザー名の変更
④およびアカウントが現在実行している広告

目次へ

3-2.Instagram 自社のアカウント情報を確認するには

3本線をクリックするとメニュー一覧が表示されます。一番したにある[設定]をクリックします。

オプションの[プライバシー設定とセキュリティ]にある、[アカウントデータ]をクリック

目次へ

3-3.Instagram アカウントデータについて

アカウントデータでは下記、情報を確認することが可能となっています。

[アカウント情報]
①利用開始日
②アカウントのプライバシー設定の変更
③パスワードの変更
④以前のメールアドレス
⑤以前の電話番号
⑥生年月日

[プロフィール情報]
①以前のユーザーネーム
②以前の氏名
③以前の自己紹介文
④以前の自己紹介のリンク

[事業者プロフィール情報]
①事業者アカウントへの切り替え

[連絡先]
①現在のフォローリクエスト
②フォロワーのアカウント
③フォロー中のアカウント
④フォロー中のアカウント
⑤ブロックしたアカウント

[アクティビティ]
①ログイン
②ログアウト
③検索履歴

[広告]
広告設定

目次へ

4.まとめ

現在、認証バッジの申請が通るための基準は公開されていません。「認証リクエストを送信するだけでは、アカウントの認証は確約されません」と記載もあるため、認証バッジを取得するまでのハードルは高いと思います。とはいえ、Instagramの公式アカウントを運用している企業は、認証バッジを取得することでアカウントの信頼感が高まるため申請を検討してみる価値は高いと思います。

目次へ

img_main

Instagram(インスタグラム)運用代行サービスはこちら!

※他にもこんな記事がお勧めです※

オススメ記事1:【旅行関連】Instagram(インスタグラム)キャンペーンの事例6選!
オススメ記事2:【保存版】インスタグラム広告(Instagram広告)の出稿方法、基本設定マニュアルについて
オススメ記事3:【保存版】インスタグラム運用者必見!無料インサイトツール5個を徹底解説!
オススメ記事4:【運用者必見】インスタグラム運用でリアルタイムに伝える、インスタグラム ストーリー基本設定・機能
オススメ記事5:インスタグラムの運用でより魅力的に伝えるフィルター活用7

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

企業用Instagramを活用する10ステップ入門編

企業用Instagramを活用する10ステップ応用編

お役立ち資料ダウンロード

各種サービス・提携についてのご質問やご相談は、
こちらからお気軽にお問い合わせください。

03-6264-8962

資料請求 / お問い合わせ