【保存版】Instagram(インスタグラム) 投稿画像・動画サイズ 活用方法

運用ノウハウ・インサイト

Instagramは、テキストではなくビジュアルでコミュニケーションを取れるソーシャルメディアとして活用されています。 投稿する写真・動画に注目が集まるため、目的にあった最適なサイズで投稿することが重要です。
今回は、Instagram投稿に最適な画像・動画サイズについてご紹介します。

目次

1.Instagram 投稿に最適な画像/動画のサイズ

2.Instagramのサイズを変更する方法

3.Instagram公式推奨サイズ (最新情報)

4.まとめ

1. Instagram 投稿に最適な画像/動画のサイズ

 

Instagramと言えば正方形の写真が基本形でしたが、2016年8月に縦横長方形の画像投稿も可能になり、縦長横長など表現の幅が自由に広がっています。現在では、ストーリーズ機能も追加となり、大きく分けて4つに分類されています。

参考:https://www.facebook.com/business/help/430958953753149?id=1997185213680277

Instagram 画像の最適サイズ

画像最適サイズは以下の通りです。

  • 正方形(1:1):1080×1080ピクセル
  • 横長(1.91:1):1080×566ピクセル
  • 縦長(4:5):1080×1350ピクセル

 

Instagram 動画の最適サイズ

アスペクト比: 4:5~1.91:1
最長期間: 60秒
最大ファイルサイズ: 4GB
動画の場合もアスペクト比は1.9、1:1、4:5と画像と同じサイズで対応しています。

Instagram ストーリーズの最適画像サイズ

ストーリーズについては、基本的に縦長の全画面投稿で「9:16」のアスペクト比が推奨されています。
アスペクト比: 9:16および4:5~1.91:1

最長期間: 5秒 
最大ファイルサイズ: 30MB
対応画像タイプ: .jpg、.png

Instagram ストーリーズの最適動画サイズ

アスペクト比: 9:16および4:5~1.91:1
最長期間: 15秒
最大ファイルサイズ: 4GB
動画の最小幅: 500px
対応動画タイプ: .mp4、.mov
音声: 任意

Instagram 投稿画像の解像度

Instagramで写真を投稿する場合、iOS用InstagramかAndroid用Instagramかに関係なく、最高の高画質(最大幅1080ピクセル)で写真がアップロードされます。

幅が320~1080ピクセルの写真を投稿する場合、写真のアスペクト比が1.91:1~4:5(幅1080ピクセル、高さ566~1350ピクセル)の写真であれば、写真の元の解像度が保持されます。写真のアスペクト比がサポートされていない場合、サポートされている比率に合うようトリミングされます。

それより低い解像度で写真を投稿する場合、幅320ピクセルまで拡大されます。
それより高い解像度で写真を投稿する場合、幅1080ピクセルまで縮小されます。

写真が確実に幅1080ピクセルで投稿されるようにするには、最新バージョンのInstagramアプリをダウンロードしましょう。携帯電話によってカメラの品質が異なるため、高品質カメラを使用すると良いとされています。

参考:https://help.instagram.com/1631821640426723

目次へ

2. Instagramのサイズを変更する方法

2-1.サイズ変更方法

Instagramで投稿画像のサイズの変更をする方法は簡単です。
画像も動画も、変更方法は同じになります。

投稿したい画像を選んだら、画面中央左にある赤枠に囲まれたボタンをタップしてください。
表示範囲が広がり画像のようにサイズ変更ができます。

目次へ

2-2.サイズ変更方法の注意点

サイズ変更する際の注意点が2点あります。
①Instagramで長方形画像を投稿するとき
②正方形画像と縦長画像の画像を同時に複数投稿する場合

①Instagramで長方形画像を投稿するとき
はじめに紹介したように、縦長の画像は最大でも4:5の比率でしかトリミングできません。
スマートフォンで撮影した縦長写真だとアスペクト比3:4や9:16と、4:5よりも縦が長い場合がある為注意が必要です。

この場合、投稿する際に上下が切れてしまうので、画像をあらかじめリサイズしておくか、端が切れることを想定しておきましょう。

②正方形画像と縦長画像の画像を同時に複数投稿する場合
複数枚の画像や動画を同時に投稿する場合、画像ごとに長方形や正方形に指定することはできません。この場合は、1枚目のアスペクト比がすべて同じで投稿されます。

1枚目で選んだ縦横比がすべての画像/動画に適用されるので、異なるアスペクト比のファイルを選択しても、最初のものが正方形ならすべて正方形に、横長ならすべて横長になります。気づかずに投稿すると、想像とは異なる投稿になる恐れがあるので注意が必要です。




また、正方形・長方形を混ぜて投稿する場合は、比率を保ったままのサイズ編集できるアプリもありますので、外部のアプリなどを利用するとよいでしょう。

目次へ

3. Instagram公式推奨サイズ (最新情報)

正方形が推奨とされてきたInstagramの画像サイズですが、2020年6月Facebook公式TwitterでInstagramの画像投稿は4:5(縦長)を推奨すると発表されました。理由として画面占有率が高いほど、アテンションをとる可能性が高まるとされています。

縦長以外でも目的に合った画像サイズを意識して投稿すると、目に止まる回数が増え、認知度向上にもつながる可能性があるので投稿サイズも工夫して投稿していきましょう。

  
参考  :https://twitter.com/FBBusinessJP/status/1277058606462939136

Instagram  企業活用事例

① Relux公式|ホテル・旅館の宿泊予約

Instagramアカウント:@relux_jp

厳選されたホテル・旅館の宿泊予約サイトとして人気のReluxは、縦長画像を活用し雑誌のような読み物コンテンツとして投稿しています。

② BOTANIST(ボタニスト)

Instagramアカウント:@botanist_official

Instagramの活用が上手とされているライフスタイルブランドBOTANISTも縦長画像の活用を取り入れています。アカウントトップでは見えない部分は、画像のクリック又は流れてくるフィードで見ることができ、上下部分にテキストを記載することで、画面の占有率をあげています。

こちらの投稿のように、How to投稿などに多く活用されている傾向があります。

③ soyme ( ソイミー )

Instagramアカウント:@soyme_shop

縦長画像の活用は、最近アパレルブランドでも多く見られます。soymeさまのようにアカウントトップは背景色を白で統一し、フィードで流れてくると上部にブランド名、下部には商品名と縦長画像を上手に活用されています。

目次へ

4. まとめ

【保存版】Instagram 画像サイズ 活用方法は、いかがだったでしょうか。
適切なInstagramの画像サイズを知り、フィード投稿とストーリーズ投稿の使い分けをしていきましょう。

更に質の高いアカウント運用で、ファン獲得に繋げていけると良いですね。これからも、Instagramの最新情報を随時更新していくので活用してもらえると嬉しいです!
目次へ

img_main

Instagram(インスタグラム)運用代行サービスはこちら!

オススメ記事1:「ShopNow(ショッピング機能)」を導入する設定方法を徹底解説
オススメ記事2:Instagram 認証バッジの取得リクエストの申請方法
オススメ記事3:インスタグラム広告の出稿方法、基本設定マニュアルについて
オススメ記事4:無料インサイトツール5個を徹底解説!
オススメ記事5:インスタグラム ストーリー基本設定・機能

『シェアコト』のInstagram運用サービス!

Instagramのキャンペーン『Tagplus』

インスタグラムキャンペーン実績数日本No1(航空会社、大型施設、ホテル、小売、メーカー)!
フォロワー獲得~管理画面まで一式準備 Tagplusはこちら

Instagramのキャンペーン『Tagplus』

インスタグラム×オウンドメディア活用のキャンペーン『Tagplus for webiste』

インスタグラム×オウンドメディア活用の実績多数(コンビニ、ブランド、小売等)!
自由なデザインで簡単に組込みができる Tagplus for webisteはこちら

Instagramのキャンペーン『Tagplus』