【運用者必見・2021年保存版】Instagram Reels(インスタグラム リール)の使い方とメリット

運用ノウハウ・インサイト

2016年Instagram Stories(インスタグラム ストーリーズ)がリリースされて以来、同SNSでは動画を利用したコンテンツが急成長。2020年8月には、Instagram Reels(インスタグラム リール)が登場しました。
本記事ではストーリーズ との違いも踏まえつつ、新機能リールの使用方法についてご紹介します。

目次

 

①Instagram Reels(インスタグラム リール)とは

②Instagram Reels(インスタグラム リール)の使い方

2-0.Instagram Reels(インスタグラム リール)の画面の立ち上げ方
2-1.Instagram Reels(インスタグラム リール)の投稿方法
2-2.Instagram Reels(インスタグラム リール)の視聴方法

 

③Instagram Reels(インスタグラム リール)の機能

3-0.作成画面でできること
3-1.プレビュー画面でできること
3-2.そのほかの機能
3-3.アップデート情報(リミックス)

④Instagram Reels(インスタグラム リール)投稿のメリット・ポイント

4-1.メリット
4-2.ポイント

⑤まとめ

①Instagram Reels(インスタグラム リール)とは

あらかじめ制作した動画やInstagram上で撮影した動画を使用して、15秒〜最大30秒の短尺動画を作成できる機能です。
動画にはスタンプやペイント、音楽、ARエフェクトなどを追加でき、よりクリエイティブな動画を作成・共有することができます。

Instagram Stories(インスタグラム ストーリーズ)との大きな違いは、ストーリーズが投稿後24時間でアーカイブされる投稿形式であるのに対して、掲載時間が無期限であること、フィード投稿にも反映できる点です。

また、ストーリーズ投稿はどのユーザーが閲覧したかを投稿後24時間は確認できる一方で、リール投稿は閲覧したユーザーの足跡が残らないことも違いと言えます。

▼リールとストーリーズの比較表

リール・ストーリーズ機能比較表

※リールの投稿時間:一部のアカウントで60秒の投稿が可能。(2021年4月現在)

ストーリーズの詳しい情報についてはこちら。 

 

目次へ

②Instagram Reels(インスタグラム リール)の使い方

ここからは使用方法をご紹介します。

2-0.Instagram Reels(インスタグラム リール)の画面の立ち上げ方

以下の手順で進めると、Instagram Reels(インスタグラム リール)の画面が立ち上がります。

Step1:Instagram(インスタグラム)を立上げ、左端のアイコン(家)をタップ
Step2:Instagram(インスタグラム)の画面を右にスライド(スワイプ)
Step3:下のナビゲーションからリールを選択

リールの立ち上げ方

目次へ

2-1.Instagram Reels(インスタグラム リール)の投稿方法

Step1:投稿したい秒数を選択
Step2:画面下部にある丸いボタンをタップ
長押し→指を離したタイミングで録画が終了
ワンタップ→再度ボタンを押すと録画が終了
※カメラロールにある画像や動画も使用することもできます
Step3:プレビューで動画を確認・編集→「シェア」ボタン
Step4:テキスト・ハッシュタグを入力→「シェア」ボタン(自動でフィードにも投稿されます)

リールの投稿方法

 

◆フィード(アカウントトップ)から削除する方法
該当のフィード投稿の右上から「・・・」メニューを選択。「プロフィールグリッドから削除」をタップすると投稿から削除されます。
※再びフィード投稿に表示することはできません

 

◆ストーリーズにも投稿したい場合
ストーリーズタブに遷移し、「ストーリーズ」の「シェア」ボタンをタップ
ストーリーズに投稿したい場合

 

◆タグ付けをしたい場合
ストーリーズ同様、アカウントのタグ付けが可能。
「タグ付け」をタップし、「友達一覧」から選択する。
タグ付する場合

 

目次へ

2-2.Instagram Reels(インスタグラム リール)の視聴方法

◆自分で投稿したものを閲覧したい場合
Step1:ナビゲーション右端のボタンをタップ、プロフィール画面へ
Step2:ビデオマークのタブを選択・該当のビデオをタップ
Step3:動画が表示されます

 

◆他ユーザーの投稿を閲覧したい場合
Step1:ナビゲーション中央のビデオマークのボタンをタップ
Step2:次の動画を見る場合は、下から上へスワイプ

 

目次へ

3-0.作成画面でできること

①音源の設定:
使用可能な音源が選択できます。

②秒数の設定:
撮影したい長さを設定できます。

③再生速度の変更:
.3X.5X.1x.2x.4x(4倍速)まで調整可能です。

④エフェクト:
ストーリーズと同様、フィルターが使用できます。

⑤タッチアップ:
コンテンツの明るさが補正されます。

⑥タイマー設定:
シャッターまでのタイマーを設定可能です。

 

目次へ

③Instagram Reels(インスタグラム リール)の機能

3-1.プレビュー画面でできること

①動画のダウンロード:
撮影・編集した動画をダウンロードすることができます。

②ステッカー:
ストーリーズ同様、GIFステッカーなどの挿入が可能。
ストーリーズとの大きな違いは、動画の中で表示させたい範囲を指定できる点です。

③音声のミックス(※):
動画側とミックスする音源の音量を調整できる機能です。
ここからミックスする音源を変更・編集することもできます。

④ボイスオーバー(※):
動画の上に音声をのせられる機能。音量の調整は、音声のミックスで調整ができます。

⑤ペイント:
ストーリーズ同様、ペイントができる機能です。

⑥文字入れ:
ストーリーズ同様、文字入れができるツール。動画の中で表示したい範囲を選択できます。

※「音声のミックス」「ボイスオーバー」は一部のアカウントで反映されていない場合もあります

 

目次へ

3-2.そのほかの機能

◆音源のお気に入り登録
よく使用する音源のお気に入り登録が可能です。そのほか、同じ音源を使用しているユーザーの投稿も閲覧できます。


◆位置合わせ
直前に撮った動画の最後の画と合わせたい時に使えるツールです。
以下のように最後の画が薄く表示されるため、合わせて撮り始めることができます。

3-3.アップデート情報

◆リミックス機能|2021年5月更新
2021年3月、リールに「リミックス」機能が追加されました。
既存のリール動画に合わせた動画の投稿が可能で、好きな動画と簡単にコラボすることができます。

【投稿方法】
Step1:メニューをタップし、このリール動画をリミックスを選択(または矢印のマークをタップ)
Step2:2分割された右側に自分の画面が出現。動画の撮影や加工など、通常のリール投稿と同様の手順を行う
※通常のリール投稿と同様、カメラロールの動画や画像を使用することもできます

立ち上げ画面

 

【注意点】
①リミックスに使用できる動画の制限
使用できる動画は、機能リリース以降に投稿されたリール動画か、既存動画の設定を「リミックスをオン」 にしているリール動画(設定できるのは投稿者本人)のみです。
リミックスをオンにする手順は以下の通りです。

メニューをタップし、「リミックスをオンにする」を選択

リミックスをオンにする

 

②音源の設定
リミックス動画の音声から他の音楽への切り替えやボイスオーバー機能も使用することができます。

・リミックス元の音源から音楽への切り替え
※リミックス元の音源を削除してしまうと、音源の復元できないため注意が必要です
音源の変更

・ボイスオーバー

ボイスオーバー

・音声のミックス

音声のミックス

 

目次へ

④Instagram Reels(インスタグラム リール)投稿のメリット・ポイント

以上、Instagram Reels(インスタグラム リール)の使用方法をご説明しました。
ここからは使用するメリットやポイントについて触れていきます。

4-1.メリット

【1】アカウントへの流入が期待できる
Instagram Reels(インスタグラム リール)は、フィード投稿やIGTVのように「発見」のタブに表示される可能性も。「発見」タブ内でのリールは、フィード投稿に比べ画面占有率が高いため、表示された場合、フォロワー以外のユーザーへの認知が期待できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【2】キャプションのハッシュタグから流入が見込める
キャプションにハッシュタグを入れて投稿ができるため、フィード投稿と同様にハッシュタグからの流入も見込むことができます。

 

目次へ

4-2.ポイント

【1】フィード・ストーリーズなど他の投稿手法でもシェアを行う
フィード投稿やストーリーズ投稿でリール投稿のシェアを行うことで、まず既存のフォロワーにリーチさせることができ、動画再生を伸ばすことができます。

【2】テンポの良い動画を投稿する、話題の曲を使用する
リール投稿も視聴維持率が重要に。ユーザーに最後まで見てもらえるような工夫をおすすめします。

多くのユーザーに届けるためには、Instagramに「良いコンテンツ」と認識されることがポイントです。
ぜひ、ポイントを押さえたリール投稿にチャレンジしてみてください!

 

目次へ

⑤まとめ

この記事ではInstagram Reels(インスタグラム リール)の使い方やメリットをご紹介しました。
リール機能を利用することで短尺の動画を作成・発信できるほか、フィード投稿と同様にハッシュタグからの流入・「発見」タブでの投稿表示から、フォロワー以外のユーザーにもリーチすることができます。
ご紹介したポイントを活用して、投稿してみてはいかがでしょうか。

別の記事では、リール投稿を活用してる企業アカウントをご紹介!ぜひ参考にしてみてください。

  【運用者必見・2021年保存版】Instagram Reels(インスタグラム リール)投稿事例まとめ【業種別】

img_main

Instagram(インスタグラム)運用代行サービスはこちら!

  ■関連記事

■Instagramストーリーズの基本の操作方法
【運用者必見】インスタグラム運用でリアルタイムに伝える、インスタグラム ストーリーズ基本設定・機能
■Instagramの適切な画像サイズについて
【保存版】Instagram(インスタグラム) 投稿画像・動画サイズ 活用方法
■Instagramストーリーズ企業活用事例まとめ
【運用者必見・2021年保存版】Instagram Stories(インスタグラム ストーリーズ)投稿事例業種別まとめ  

■Instagramそれぞれの投稿形式の使い分けについて

Instagram投稿(通常・ストーリーズ・リール・IGTV・インスタライブ)の特長と使い分けについて

 

『シェアコト』のInstagram運用サービス!

Instagramのキャンペーン『Tagplus』

インスタグラムキャンペーン実績数日本No1(航空会社、大型施設、ホテル、小売、メーカー)!
フォロワー獲得~管理画面まで一式準備 Tagplusはこちら

Instagramのキャンペーン『Tagplus』

インスタグラム×オウンドメディア活用のキャンペーン『Tagplus for webiste』

インスタグラム×オウンドメディア活用の実績多数(コンビニ、ブランド、小売等)!
自由なデザインで簡単に組込みができる Tagplus for webisteはこちら

Instagramのキャンペーン『Tagplus』