• ホーム
  • 事業紹介
  • Instagramキャンペーン・応用事例:Instagram(インスタグラム)キャンペーン(応募型)とは

Instagram(インスタグラム)キャンペーン・応用事例

企業のInstagram(インスタグラム)活用が徐々に広がり始めた現在、ユーザー目線のInstagram活用法に関わる情報は世の中にたくさん溢れていますが、企業の活用目線で書かれた情報は非常に少ない状況です。
Instagram運用時のよく頂くご質問、キャンペーン(ハッシュタグ・O2O型)でのファンの増やし方、APIでできること、キャンペーンで集まった声(ハッシュタグ)をWebサイトに応用する方法、キャンペーン情報などをまとめております。貴社のInstagram運用のお役に立てれば幸いです。

Instagram(インスタグラム)キャンペーン(応募型)とは

Instagramキャンペーンが注目される3つの理由

企業のInstagramマーケティングが進むアメリカでは、トップ100ブランドのうちの40%がInstagramをマーケティングに活用しており、主要なソーシャルメディアの一つとなっています。国内においても、Facebookが流行したときと同様に、米国の潮流を追いかけるかたちでInstagramの活用が加速する可能性は高いでしょう。
実際、国内の先進企業や外資系企業の日本法人は、Instagramを活用してキャンペーンを実施しています。Facebookを活用した場合と比較すると、Instagramは「ユーザー参加型キャンペーン」に強いということが言えます。それには3つの理由があります。

1つ目:写真投稿によるコミュニケーション・文化が根付いている

Instagramは、写真に特化したSNSです。ユーザーは、自分のお気に入り写真に、フィルターをかけ、お洒落な写真を簡単に作ることができます。スマホ端末(iPhone、Android等)に既に入っている写真をフィルターで編集し、投稿する文化が根付いています。キャンペーン企画も明確になり、投稿しやすいのも特長です。キャンペーンを開催時は、『ユーザーの共感を得られるテーマ設定』が大切です。

2つ目:2014年から急増中!動画投稿によるコミュニケーション・文化も根付き始めている

Instagramは、写真だけではなく、動画機能も実装されており、スマホ端末から簡単に動画投稿が可能で、写真同様に使いやすく投稿する文化が根付いています。スマホ端末で撮影した動画を、Facebook・Twitter・Instagram・Vineで共有する人が急増しています。
日常からInstagramを利用しているユーザーは、撮影の時点からInstagramを使うことはもちろん、別の動画撮影・編集アプリを使ってさらにこだわった動画を作る方もいます。SNSで写真を共有することがすっかりお馴染みになった今日この頃、2015年に注目されているのが『動画・ショートムービー』を利用したキャンペーンです。流行に敏感で、インフルエンサーが多いプラットフォームがInstagramなので、Instagram及びFacebook及びTwitterの全てで参加が可能というクロスプラットフォーム応募キャンペーンが増えていくこと予想されます。

(参考)Instagram動画の知っておくべき5つの特徴と基本的な撮影方法
http://nanapi.jp/101590/(外部サイト)

3つ目:ハッシュタグを付けるだけで参加が完了するわかりやすいキャンペーン

Facebookの場合、写真投稿コンテストを実施しようとすると、ユーザーにFacebookアプリのインストールを義務付けることになります。Instagramであれば、Twitterと同様に、「#キャンペーンハッシュタグ ※重複しないタグを設定する」のようなハッシュタグを付与するだけで、キャンペーンに参加させることができます。

(参考)海外で人気があるハッシュタグのランキングサイト
HashTags on Instagram http://top-hashtags.com/instagram/(外部サイト)

Instagramキャンペーンを行う5つのステップ

初めに、Instagramのプロモーションガイドラインを知る

大きく5つのプロモーションガイドラインがあります。

プロモーションガイドライン

  1. Instagramを使ってプロモーション(コンテストや懸賞など)の告知や運営を行う場合、下記を行うことを含め、プロモーションの合法的な実施に責任を負います。
    • 公式ルール
    • 提供条件や資格(年齢や居住地などの条件)を設けること。
    • プロモーションおよび提供される全商品に適用される関連法規へのコンプライアンス(例:必要な登録や、規制機関からの承認の取得など)。
  2. コンテンツへの不正確なタグ付けを行うことはできません。他のユーザーに、コンテンツへの不正確なタグ付けをすすめることも禁止されています(たとえば、自分が写っていない写真にタグ付けすることをすすめることはできません)。
  3. Instagramでのプロモーションについては以下の点にご留意ください。
    • Instagramが応募者または参加者に関与することはないこと。
    • プロモーションはInstagramが後援、支持、または運営するものではなく、Instagramにまったく関係していないことの認識。
  4. 弊社は利用者によるプロモーション運営を支援しません。また、弊社はユーザーコンテンツの使用に同意が必要かどうかについて、または必要な同意を取得する方法についてアドバイスすることはできません。
  5. 弊社のサービスを利用してプロモーションを運営する利用者は、自己責任で運営することについて同意するものとします。

参考URL:Instagramプロモーションガイドライン(外部サイト)
http://help.instagram.com/179379842258600

Instagramキャンペーン応募型の概要

STEP1:キャンペーン趣旨説明+ハッシュタグで画像取得 ↓
キャンペーンTOP(WEB)では、キャンペーン趣旨・参加方法、中央にユーザー投稿写真の一覧、
撮影された場所を地図上にプロットするコンテンツを準備。指定のハッシュタグに関わる写真を掲載。

STEP2:WEBページ上で応募者データの保存をする ↓
応募ページ(WEB)では、応募フローやルールを明記。企業アカウントがある場合、
フォローを必須にすることも可能です。応募フォームは当選連絡の為、DBに保存します。

STEP3:Instagram内で投稿してもらい、画像のタグを収集する ↓
Instagram内で、写真撮影+フィルター+ハッシュタグを付けて、投稿してもらいます。

STEP4:WEB上にルールに沿って表示する ↓
WEBページの個別写真(緑色)や位置情報(薄ピンク色)上に、ONの写真のみ掲載。

STEP1:キャンペーン趣旨説明+ハッシュタグで画像取得

#ハッシュタグの検索

InstagramのAPIでできることを参照。

InstagramのAPIで取得できる画像に含まれる情報

●画像(写真) ●タグ
●コメント内容 ●コメント回数
●投稿時間 ●テキスト
 (投稿者が入力した内容)
●ユーザー名 ●プロフィール写真
●画像エフェクト名
 (Normal、Valenciaなど)
●いいね回数

利用例

1:特定のハッシュタグのみを表示する
2:特定のテキストのみを表示する
3:特定の画像エフェクト名で編集された画像のみを表示する
4:●件以上のいいね回数がついた画像のみを表示する
 ↓
DBに貯めた情報をWEB側の表示で応用する場合
(1)「1:キャンペーンのハッシュタグ」でかつ、「3:特定の画像エフェクト」のものを表示する
(2)「1:キャンペーンのハッシュタグ」でかつ、「4:人気があるいいね画像」のものを表示する
などが、WEB側の表示において利用が可能です。

↑ Instagramキャンペーン応募型の概要へ戻る

STEP2:WEBページ上で応募者データの保存をする

公式アカウントを開設される場合

現在、InstagramのAPIを利用することで、フォローボタンを表示することが可能です。フォロワーを増やしたい場合は、貴社アカウントをフォローしていない人には「フォローを訴求」し、既にフォローしている人には「フォロー済み」を表示。

応募者への連絡通知

現在、Instagram内には、ダイレクトメッセージ機能がありますが、お互いフォローしていることが条件です。また画像付きでやり取りが必須なので、連絡通知と言う目的には不適切です。
ゆえに、WEB上で応募完了をさせる必要があります。

補足情報

InstagramのAPIのパーミッションで、ユーザーID(表には見えていない数字)の把握が可能です。この『ユーザーIDを取得することで、STEP3のInstagram内のユーザー投稿画像と紐付けることが可能』です。

↑ Instagramキャンペーン応募型の概要へ戻る

STEP3:Instagram内で投稿してもらい、画像のタグを収集する

画像の投稿について

現在、InstagramのAPIで外部(WEB上など)から、Instagramの中へ画像を投稿することが出来ません。(Instagramの世界観、フィルターなどの操作手順を実施してもらいたいという狙いがあるようです)
ゆえに、画像の投稿はInstagramの内で行ってもらう必要があります。

キャンペーンハッシュタグの新設方法について

ハッシュタグの新設の際は、『ユーザーが分かりやすく』、『入力しやすく』、『使われていない』ハッシュタグを選ぶ必要があります。
こちらの ハッシュタグを検索 から確認することができます。

応募ルールについて

InstagramのAPIで取得できる画像に含まれる情報

●画像(写真) ●タグ
●コメント内容 ●コメント回数
●投稿時間 ●テキスト
 (投稿者が入力した内容)
●ユーザー名 ●プロフィール写真
●画像エフェクト名
 (Normal、Valenciaなど)
●いいね回数

利用例

1:特定のハッシュタグのみを表示する
2:特定のテキストのみを表示する
3:特定の画像エフェクト名で編集された画像のみを表示する
4:●件以上のいいね回数がついた画像のみを表示する

↑ Instagramキャンペーン応募型の概要へ戻る

STEP4:WEB上にルールに沿って表示する

WEB上での投稿表示について

管理画面内で、写真単位で「ON・OFF機能」の切り替えが可能です。
テーマに合った写真をONにすることで、WEB上にみんなでつくるInstagramのアルバムができます。

応募型キャンペーンの事例紹介

■三菱地所 「Marunouchipix」
「綺麗な風景やイベントだけでなく、丸の内で見つけた意外なものなど」をハッシュタグを付けて投稿。テーマが身近で参加ハードルが低く、圧倒的な投稿を誇る応募型キャンペーン。
事例詳細はこちら

■シュウ ウエムラ みんなで作るセレブ猫投稿コンテスト
「みんなで作るセレブ猫」というテーマのとおり、Instagramで撮影した画像が、セレブ猫の一部となるユーザー参加型キャンペーン。 2つの公式アカウントをフォローすると応募完了。
事例詳細はこちら

■ Friskis & Svettis(アメリカのスポーツジム)
頑張ってる自分をアピールするために、ジムの鏡の前で撮影する行為を利用。鏡越しに写真を撮ってもらうために「反転プリントTシャツ」を配布し、ハッシュタグをつけて投稿。
事例詳細はこちら

■その他事例公開中!
Instagramキャンペーン事例まとめ をご覧ください。

↑ Instagramキャンペーン応募型の概要へ戻る

▼▼Instagram運用・キャンペーンの事例はコチラ▼▼

company_logo_s.png

【高品質・低価格】Instagram(インスタグラム)キャンペーン作成サービス

「Tagplus(タグプラス)」は、Instagram(インスタグラム)上でハッシュタグを用いた応募型キャンペーンを低価格で実施することが可能なツールです。
アカウントをフォローして応募する為、企業アカウントのフォロワーのアップやブランド力のアップに繋がります。

キャンペーンサイトはこちら

お役立ち資料ダウンロードはこちら Instagramラボ