Instagramの写真撮影と構図の基本

弊社ではクライアント様のターゲットやブランドイメージに応じた多種多様な撮影を行っております。
写真撮影と構図の基本について、どのように決定すべきか、ノウハウの一部を公開いたします!

写真のご提案・構図の決定方法

①コンセプトをご提案
②コンセプト、トーンに沿ったイメージを抽出
③基本の構図とアングルを踏まえて、決定
3-1:訴求内容の軸を決める(商品の魅力を考える)見た目?機能性?
3-2:ターゲットを明確にする
3-3:どんな場面で使われるのかを考える
3-4:どんな気持ちになれるのかを考える
3-5:ターゲットに最適な魅力を選択する

①コンセプトをご提案

まずは、Instagramをどのような目的で使いたいかをヒアリングし、課題を抽出後、誰に、何を、どう伝えるかといった、コンセプトを明確にいたします。その後ブランドや商品にあった写真のイメージをご提案いたします。

①コンセプトをご提案

②コンセプト、トーンに沿ったイメージを抽出

イメージスケールを用いて、全体のトーンを抽出し、ご提案いたします。

イメージスケール
トーン

参照)日本カラーデザイン研究所
色に対して抱くイメージは人によって微妙に異なりますが、共通する部分も多く認められます。そのイメージの共通感覚を心理学的研究の蓄積で明らかにしたものが、イメージスケールです。

③下記手順に沿って、構図とアングルを決定します。

基本の構図とアングルを踏まえて、決定していきます。

【基本の構図】
商品をどのように見せたいかによって、
ある程度見せ方が決まってきます。
基本の構図はこちらの5つです。

【基本の構図】

構図を決めると同時に、
カメラのアングルを決めます。
各アングルによって、商品の印象が変わります。

【基本の構図-アングル>】

お役立ち資料をプレゼント!

Instagram運用代行にすぐに役立つ資料を、無料で公開しています。

シェアコトが選ばれる3つの理由

まずはお気軽にご相談ください

Instagram運用代行についてのご質問・ご相談を随時受け付けています。

シェアコトの事例紹介

大手企業様との直接取引きの実績が、信頼の証です。